HOME>記事一覧>取るためにはある程度身体的な基準クリアが必要

若年層でも取得することは可能

船舶免許とは、自分で購入及びレンタルした船舶を動かすための免許で、1級と2級、特殊に分かれているのが特徴です。特殊は水上バイクであるため、船舶を動かすための免許としては1級と2級のみとされていますが、2級は16歳以上から取得するため、親が漁師をしている家庭などを中心に取る人が多いといいます。1級の場合は外洋まで動かすことができるため18歳以上でなければ取得することはできませんが、比較的取りやすいため取る人は多くなってきました。

視力を確認してからとりに行く

船舶免許を取得するために必要な視力は両目とも0.5以上あることが必要となりますが、メガネをかけていて視力があるのなら問題ないといいます。片目の視力が0.5以下の場合、もう片方が0.5以上あり、視野が左右150度以上あることが条件となっているため、これから取ろうとするなら視力を確認してください。