HOME>アーカイブ>免許を取得する場合最低限知っておきたいことと利用目的

どのようなことを知っておきたいか

免許証

船を操縦するためには、免許が必要になります。モーターがついているものは、自動車やバイク等と同じ扱いになるわけです。もし船を操縦したいならば、船舶免許を取得しておく必要があるでしょう。この時、必要な知識として大事になるのはどれぐらいの費用がかかるかです。費用に関しては、免許の種類によって若干異なりますが、自動車の免許よりも若干安い位です。ただ、講座を受講して試験を受けるまでの費用であり、もし試験を受けて落ちてしまえば、また講習を受ける時にお金がかかってしまうでしょう。その辺も考え講座を選ぶことが必要になります。1級免許と2級免許では、1級免許の方が難易度が高いため料金も高くなりがちです。それでも、20万円以内で受講できるコースがほとんどです。

利用目的を考えよう

船の操縦

船舶免許を取得するときには、必ず何らかの目的があるはずです。多くの場合、船を操縦する必要があるか、趣味で操縦をしたいと考えている人がこの船舶免許を取得するわけです。免許を取得する場合でも、仕事で使う場合は別ですが趣味で使う場合はある程度明確な目標を持っていくことが必要です。せっかく免許を取得したのに、途中で興味をなくしてしまい無駄になってしまう可能性もあるからです。またお金の問題だけでなく、そこにかけた時間も無駄になってしまう可能性もあります。

行動範囲が広がる

漁船

人間は、普段から陸上で生活をする生き物ですが、船舶免許を取得していれば、行動範囲を海の上や川の上に広げることが可能です。川に関しては、許可が必要になるため自由に船舶を動かすことができるわけではありません。しかし、海に関してはある程度自由に動かすことが可能でしょう。これにより、一気に行動範囲が広がり今まで見えなかった視点で世の中を見ることができるかもしれません。このように、好奇心旺盛な人の場合には、積極的に船舶免許を取得した方が良いでしょう。